広島高速道路公社では、広島都市圏の高速道路ネットワークを構築して、圏域内の高速性・定時制を確保することにより、経済・産業の発展に寄与するとともに、広島市の都市機能を一層高めて、行ってみたい・住んでみたい、魅力的な「ひろしま」を創り出すため、早期の全線開通を目指して整備を進めています。便利!快適!広島高速!

シールドトンネル工事契約事案に係る再発防止の取組状況について

安全・安心に関する取組み

 

シールドトンネル工事契約事案に係る再発防止の取組状況について

1.調査報告書を踏まえた再発防止の具体的な取組みについて

 平成31年3月16日に受領した、高速5号線シールドトンネル工事契約に係る第三者委員会からの調査報告書を踏まえ、再発防止の具体的な取組みを策定しました。(調査報告書はこちらをご覧ください)

 

概要版

「高速5号線シールドトンネル工事契約に係る第三者委員会」の調査報告書を踏まえた再発防止の具体的な取組みについて

2.取組状況

 広島高速道路公社は、令和2年1月24日に公社改革推進チームを設置し、「再発防止の具体的な取組み」における未実施事項の早期具体化に関することや、公社の改革に関すること等について取組を進めています。
掲載日時 主な内容 資 料 
令和2年1月24日 再発防止の取組状況を掲載しました。 取組状況
令和2年1月24日

再発防止の具体的な取組み等の推進やスケジュール管理等を目的として、公社改革推進チームを設置しました。

取組状況 
公社改革推進チーム設置要綱

令和2年2月7日

・建設工事の発注にあたり、技術提案・交渉方式を選択する場合、より一層の運用の厳格化を図るため、運用要領を新たに整備しました。
・入札及び契約事務の適正な執行を図るため、広島高速道路公社入札監視委員会設置規程を整備しました。

取組状況
技術提案・交渉方式の運用要領
入札監視委員会設置規程

令和2年2月19日

・公社が実施する再発防止策に関することや公社改革などについて、県・市・公社の三者で情報共有や意見調整を図る場として、「公社改革推進会議」を設置しました。
・事業スケジュールや進捗などについて、県・市・公社の三者で情報共有や意見調整を図る場として、「連絡調整会議」を設置しました。

取組状況
改革推進会議設置要綱
連絡調整会議設置要綱

令和2年3月9日

・公社が取り組む改革を確実に推進していくために、外部の有識者から客観的で、幅広く、専門的な知見を基にした意見・助言をいただくため、チームへ参画する外部有識者を選任しました。

公社改革推進チームに参画する外部有識者について

令和2年4月9日

・広島高速道路公社入札監視委員会の委員を選任しました。

広島高速道路公社入札監視委員会の委員選任について

令和2年4月16日

・入札契約手続の厳格化、公社全体の技術力の向上、外部による透明性と公平性の確保の3つの観点でとりまとめた再発防止策の全ての項目(11項目)について、規程や要領の制定を行うなどの取組を進めています。

取組状況

令和2年7月13日

・入札監視委員会(準備会議)を開催しました。
・委員長を選出するとともに、関連要綱等を決定しました。

開催状況

令和2年7月16日

・再発防止の具体的な取組状況を更新しました。
・令和2年7月6日付け組織体制の変更等に伴い、要綱を改正しました。

取組状況
改革推進会議設置要綱(改正)
連絡調整会議設置要綱(改正)
公社改革推進チーム設置要綱(改正)

令和2年11月18日 ・再発防止の具体的な取組状況を更新しました。 取組状況

広島高速道路公社改革の取組について

 公社は、高速5号線シールドトンネル工事契約に関連した問題に関し、その再発防止に止まることなく、これを改革のきっかけとして捉え、健全で円滑な公社運営が持続的に可能となるよう、県・市の議会及び県監査委員からの指摘も踏まえ、仕事を動かす「組織体制」、組織を動かす「人」、人を動かす「意識」の、3つを柱として取組をまとめ、改革を進めます。

広島高速道路公社改革に関する取組について(令和2年3月31日)

PAGETOP
Copyright(C)2019 Hiroshima expressway public corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.