広島高速道路公社では、広島都市圏の高速道路ネットワークを構築して、圏域内の高速性・定時制を確保することにより、経済・産業の発展に寄与するとともに、広島市の都市機能を一層高めて、行ってみたい・住んでみたい、魅力的な「ひろしま」を創り出すため、早期の全線開通を目指して整備を進めています。

広島高速道路公社料金問題調査会について

  • HOME »
  • 事業計画 »
  • 広島高速道路公社料金問題調査会について

事業計画

 

広島高速道路公社料金問題調査会について

広島高速道路公社料金問題調査会とは

学識経験者で構成し、広島高速道路の料金に関する事項について調査・審議することを目的として設置している機関です。

広島高速道路公社料金問題調査会規程

委員名簿(五十音順)

伊藤 敏安 広島大学教授
上田 みどり 広島経済大学教授
鎌倉 秀章 中国経済連合会専務理事
栗林 寛二 中国新聞社常務取締役
杉恵 頼寧 (会長) 広島大学名誉教授
谷村 武士 広島商工会議所専務理事
中原 律子 広島消費者協会会長
(平成25年10月11日現在)

これまでの審議経緯

  内 容
答申(平成25年12月26日)

「広島高速3号線(吉島~観音)供用に伴う広島高速道路の料金」について、調査会会長から公社理事長へ意見書の提出

日時:平成25年12月26日(木)10:00
会場:広島高速道路公社 会議室(広島クリスタルプラザ12階)
次第:1.答申

意見書

委員等名簿

PAGETOP
Copyright(C)2019 Hiroshima expressway public corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.