広島高速道路公社では、広島都市圏の高速道路ネットワークを構築して、圏域内の高速性・定時制を確保することにより、経済・産業の発展に寄与するとともに、広島市の都市機能を一層高めて、行ってみたい・住んでみたい、魅力的な「ひろしま」を創り出すため、早期の全線開通を目指して整備を進めています。

緊急時は

安全走行ガイド

緊急時は

交通事故・車両故障の場合

安全の確保

◆ハザードランプを点灯し、後続車へ知らせてください。
◆自走可能であれば、非常駐車帯等安全な場所へ車両を移動させてください。
◆自走できない場合は、停止標示板や発煙筒を設置し、後続車に注意を促してください。

通報

通報方法

広島高速道路を走行中、交通事故を起こしたら(車両が故障したら)、次の方法で広島高速道路公社に連絡をお願いします。

通報時における確認事項

担当者が次のことをお尋ねします。
 ・停車位置(高速○号線、上り下り・方面、○○~○○の間、キロポスト等)
 ・けが人の有無(救急要請の必要の有無)
 ・事故・故障の内容
 ・お客様のお名前、携帯電話番号
 ・車種・ナンバー
 ・車両救援業者の手配状況

【停車位置の目安】

地震が発生したら

緊急地震速報を聞いたら

◆あわててスピードを落とさないでください。
◆ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促してください。
◆急ブレーキはかけず、緩やかに速度を落としてください。

大地震が発生したら

◆急ブレーキ急ハンドルを避け、できるだけ安全な方法により道路の左側に停止させてください。
◆停止後は、カーラジオ等により地震情報や交通情報を聞き、正確な情報を得てください。
◆警察や交通管理隊から指示があれば、その指示に従ってください。
◆車を置いて避難する時は、周囲の安全を確認するとともに、以下の点を守ってください。
 ・エンジンを止めてください。
 ・エンジンキーは付けたままにしてください。スマートキーは車内の見える場所に置いてください。
 ・窓を閉めてください。
 ・連絡先が分かるようにしてください。
 ・貴重品を持ち出してください。
 ・ドアロックはしないでください。

トンネル内で火災が発生したら

通報

火災が発生したら、火災報知機又は非常電話により通報して下さい(交通管制室につながります)。

初期消火

消火栓や消火器により初期消火作業ができます。
消火は火の勢いの弱い初期段階で行うのが効果的です。

避難

危険を感じたら直ちに避難して下さい。

トンネルの入口手前にいるとき

トンネル手前の道路情報板が「火災」と表示されている場合は、トンネル入口の手前で停止してください。
トンネル内に進入することは非常に危険です。

 

PAGETOP
Copyright(C)2019 Hiroshima expressway public corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.