広島高速道路公社では、広島都市圏の高速道路ネットワークを構築して、圏域内の高速性・定時制を確保することにより、経済・産業の発展に寄与するとともに、広島市の都市機能を一層高めて、行ってみたい・住んでみたい、魅力的な「ひろしま」を創り出すため、早期の全線開通を目指して整備を進めています。

広島高速4号線

広島高速道路の整備

 

広島高速4号線(広島西風新都線)

 広島市中心部と「西風新都」の中心部をトンネルと橋でダイレクトに結ぶ、約4.9kmの自動車専用道路です。

この道路の効果は?
 広島高速4号線の供用により、都心部と山陽自動車道五日市インターチェンジを中心とする市北西部地区の連絡が向上し、国道2号西広島バイパスや国道54号などの交通混雑の緩和が図られるとともに、広島都市圏の道路交通の高速性・定時性が一段と強化されました。
 また、広島市の主要プロジェクトとして開発の進む「西風新都」において、アストラムライン(新交通システム)に続く交通アクセスの主役として、期待されています。

広島高速4号線(広島西風新都線)の説明
区間(本線部) 広島市西区中広町一丁目~安佐南区大塚東町
延  長 約4.9km
規  格 第2種第2級(自動車専用道路)
設計速度 60km/時
標準幅員 17m(トンネル部)
車 線 数 4車線

4号線路線図

 
沼田地区 広島西大橋

中広地区

西風トンネルをぬけると、そこは新しいまち「西風新都」の中心部。都心から山陽自動車道五日市ICへのアクセスも格段に向上します。 広島高速4号線のシンボルともいえる広島西大橋は、7経間のリズミカルな斜張橋。背景の山並みと調和し、広い河川空間のアクセントとなっています。 都心側は中広地区で駅前観音線と中広宇品線に接続。「西風新都」と商業・業務施設の集中する紙屋町が15分で結ばれます。
各道路の断面(単位:m)
広島西大橋部の断面図 トンネル部の断面図
トンネル部
中広地区の断面図
広島西大橋部 中広地区

PAGETOP
Copyright(C)2019 Hiroshima expressway public corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.