ホーム  >  企業・IR情報  >  広島高速道路の整備  >  広島高速3号線及び関連道路路線図

企業・IR情報 広島高速道路公社の企業・IR情報についてお知らせします

広島高速3号線及び関連道路路線図

広島高速3号線(広島南道路)について

広島市における東西方向の交通の軸となる約7.7kmの自動車専用道路です。。
平成12年3月に仁保〜宇品、平成22年4月に宇品〜吉島、平成26年3月に全線が開通しました。

この道路の効果は?
広島呉道路や海田大橋から市中心部への交通の高速性や定時性が向上します。
また、周辺道路(県道翠町仁保線、中広宇品線、霞庚午線等)のそれまでの慢性的な渋滞も緩和されます。
宇品・出島沖地区は、メッセ・コンベンション施設や海の玄関にふさわしいターミナル機能を有する広域拠点の一つに位置づけられており、この広島高速3号線は、広島湾臨海部の開発計画の推進に大きく寄与します。



広島高速3号線(広島南道路)の計画

広島高速3号線(広島南道路)の計画
区間(本線部) 広島市南区仁保沖町〜広島市西区観音新町四丁目
[供用区間:南区仁保沖町〜南区宇品海岸三丁目]
延長(本線部) 約7.7km
約2.6q(完成4車線区間)
約5.1q(暫定2車線区間)
規 格 本線部:第2種第1級
設計速度 本線部:80km/時
標準幅員 19.25m(暫定2車線区間10.5m)
車線数 4車線(上下線分離 片側2車線)
一部区間暫定2車線(対面通行 片側1車線)

広島高速3号線

完成予想図 仁保ジャンクション 3号線
完成予想図 仁保ジャンクション  

各道路の断面(単位:m)
断面図 断面図 断面図


宇品大橋は日本一

宇品大橋 宇品大橋は、仁保〜宇品の内港を1スパンで横断する必要から、中央支間長が270mの長大橋となるため、構造性を中心に詳細な形式検討を行い、中央支間を単弦アーチで部分補剛した3径間連続鋼床版箱桁を採用しています。従来の箱桁がもつ限界の支間長を超える、桁橋としては日本最長の支間長の橋梁です。
そのため、動的安定性については特に入念な検討を行い、耐風性については橋梁模型による風洞実験および完成後の実橋で加振実験により安定性を確認しています 。
また、耐震性についても「阪神・淡路大震災」級の地震にも耐えられる構造となっています。



長大鋼箱桁橋一覧表(国内)
順位 橋名 所在地 最大支間長 完成年
1 宇品大橋 広島市 270.0 2000
2 海田大橋 広島市 250.0 1989
3 なみはや大橋 大阪市 250.0 1995
4 東京湾横断道路橋 千葉県 240.0 1997
5 正蓮寺川大橋 大阪市 235.0 1989
宇品大橋
宇品大橋の説明
橋梁形式 単弦ローゼで補剛された3径間連続鋼床版箱桁
橋長 約550m(支間割140m+270m+140m)
アーチ部寸法 支間165m、ライズ21m
縦断勾配 4.0%↑ 3.0%↓ 0.5375%↓
VCL=240m,200m
横断勾配 2.0%(標準)
主要鋼材 SM570、SM490Y、SM400、SS440
宇品大橋 断面図 宇品大橋 断面図 宇品大橋 断面図
宇品大橋 断面図