ホーム  >  安全運転のために  >  ご利用上の注意事項

安全運転のために

ご利用上の注意事項

広島高速道路は定められた通行方法を守ってのご利用をお願いします。

 広島高速道路公社が定めた「広島高速道路公社の高速道路に係る料金の徴収施設及びその付近における車両の一時停止その他の車両の通行方法」をご理解のうえ、ご通行をお願いします。

 PDF 広島高速道路公社の高速道路に係る料金の徴収施設及びその付近における車両の一時停止その他の車両の通行方法(14KB)

料金所強行突破などの不正通行は道路整備特別措置法違反として、刑罰の対象となります。





ETCご利用上の注意事項

 ETCをご利用の場合は、「ETCシステム利用規程」等をご理解のうえ、ご通行ください。

 ETCご利用における通行方法
 外部リンク PDF  ETCシステム利用規程等(NEXCO西日本)

 ETCシステム利用規程等に従わない通行方法でご利用された場合、ETCバー衝突による車両への損傷等、いかなる損害に関しても当公社は一切責任を負いません





車両制限を守りましょう!

 
 PDF 『特殊車両を違法に通行させた者に対する行政処分の実施について』
 
 車両制限令に定める次の基準を超える車は通行できません。
 ただし、特別に許可を受けた車は除きます。

 重 量  総重量  25t
 軸重  10t
 輪荷重  5t
 寸 法    2.5m
 高さ  4.1m
 長さ  12m

 高さ制限については、広島高速道路は全線は4.1mまで通行できます(H22.4.26~)。 但し、高さが3.8メートルを超え4.1メートル以下の車両で通行する際は次の通行方法(条件)を遵守して通行してください。


(1)走行位置の指定
   トンネル等の上空障害箇所では、車両又は車両に積載する貨物が建築限界を侵す恐れがあるので、車線からはみ出さないよう走行するとともに、道路に隣接する施設等に出入りするためやむを得ず車線からはみ出す場合は、標識や樹木等の上空障害物に接触しないよう十分に注意すること。
(2)後方警戒措置
   後方車両に対し十分な車間距離を取らせ、交通の危険を防止するため、横寸法0.23メートル以上、縦寸法0.12メートル以上(又は横寸法0.12メートル以上、縦寸法0.23メートル以上)の地が黒色の板等に黄色の反射塗装その他反射性を有する材料で「背高」と表示した標識を、車両の後方の見やすい箇所に掲げること。
(3)道路情報の収集
   道路の状況は、工事の実施等により変化することがあるので、あらかじめ道路情報を収集し、上空障害箇所のないことを確認のうえ走行すること。




その他の注意事項

制限速度を守りましょう!
 広島高速道路の制限速度は、全線60km/hです。 制限速度を守って安全運転をしましょう。

 PDF 『事故が多発しています~安全のため制限速度を守って走行してください~』

Uターン・逆走は禁止!
 広島高速道路の本線やランプ橋では、Uターンや逆走は法律で禁止されています。

スタッドレスタイヤでの走行について
 スタッドレスタイヤ装着車が、雪のない路面でスリップ事故を起こすケースが増えています。
 スタッドレスタイヤは、氷上・雪上での性能を重視して作られたものですから、
 乾燥路面や雨で濡れた路面で夏用タイヤと同じ性能を期待することは危険です。 (外部リンク)


全席シートベルトの着用を!
 道路交通法の改正により、全席(後部座席を含む)でのシートベルト着用が義務化されています。



道路情報板の確認を!
 広島高速道路では、入口の手前・本線上に道路情報板を設置しています。道路の規制状況等の情報を表示していますので、ご利用の際は必ずご確認ください。



停車は非常駐車帯で!
 走行中のタイヤのパンク・エンジントラブル等がおきた場合は、あわてずに非常駐車帯に停車してください。



非常電話で連絡を!
 事故・故障等の非常事態の時は、最寄りの非常電話でご連絡ください。
 非常電話は、約500m間隔(トンネル内では約200m間隔)で設置されています。
 受話器を上げると交通管制室に連絡できます。路上障害物(落下物等)を発見された時も、非常電話で連絡してください。



落下物は落とし主の責任です
 落下物により、第三者に被害を与えた場合は積荷を落とされた方の責任になります。
 落下物による事故防止のため、次の点に注意してください。
 (1)高速道路に入る前に、再度積荷の点検を
 (2)安全速度で走行を(特にカーブでは遠心力・横荷重に注意)
 (3)幌やシートをかけ、積荷の飛散防止対策を
 (4)万が一、積荷等で落下させた場合は、非常電話で連絡してください。

 ※落下物については、道路法第44条の2第2項の規定に基づき、金品等や明らかな廃棄物を除き、違法放置物件として公社が保管しています。


  保管物件については、総務部交通管理課(082-508-6820 広島市東区温品一丁目8番23号)までお問い合わせください。



目標物はありますか
 非常電話からの通報で位置は特定できますが、発生地点から離れている場合などの連絡の際はまわりの目標物、標識等(橋の名前、距離標識)をお知らせいただければ対応が早く行えます。

橋の名前 距離標識
橋の名前 距離標識

トンネル内の設備について
 広島高速道路のトンネルには、火災等の非常時に備え、利用者の安全を守るための設備が設置されています。
 高速4号線「西風トンネル」の設備については西風トンネル設備案内のぺ一ジヘ


走行中に地震があったら?
 あわてずゆっくりと減速し、車を左側に寄せて止め、エンジンを停止し、ラジオなどで状況を確認してください。
 また、車から離れ避難する際は、キーを付けたまま、ドアをロックしないで交通管理隊等の指示に従い、貴重品をお持ちの上、おちついて行動してください。